ベンチャー企業での働きがい

ベンチャー企業で働くという人や、会社を興すという人の場合には考え方が、まず違っているということが言えると思います。ベンチャー企業への不安ということでは、経営の不安定さや福利厚生の低さ、社会的な知名度のなさ、信用度の低さなどを挙げる人も多いと思いますが、そもそもそのような条件を挙げること自体ベンチャー企業を理解していないということで、そのままそれは向いていないということになります。この分野ではやはり夢を抱きながら、小さな会社を成長させるということが目的になり、それ以外は犠牲になるような状況はよくあります。そのような時に待遇がどうのこうのと言っていたのでは、難しいのではないかと思います。向き不向きがあるというのはそういうことでしょう。働きがいということが優先されないと難しい職場ということになります。

ベンチャー企業とキャリアアップ

ベンチャー企業のメリットとしては、よく言われるのが実力さえあれば、自分のキャリアアップができるプランを自由に実行させてくれるというような会社も多いということで、終身雇用は期待できませんが、自分のキャリアアップを目指して経験を積みたいという人には、貴重な経験ができるのがベンチャー企業ということになります。またその経験の土台の上に明確なビジョンを描きたいと思っている人には最適な職場でもあるということで、意欲がある人向きの職場ということになります。あくまでも終身雇用とか安定した職場とか、波風が立たないような職場とかというものを思い描いていると、職場の選択を間違えたということになります。そのようにある意味では意欲のある人の職場というのがベンチャー企業ということになるだろうと思います。キャリアアップのための企業とも言えます。

ベンチャー企業と問題解決

ベンチャー企業が急成長するというのは、常に問題意識を持って非能率的な部分や弱点の問題解決をしているからで、社員がそれを真剣に毎日考えながら解決できるからこその成長ということになります。小回りがきくとも言えますが、そのような問題解決力がないと取り残されてしまいやすいとも言えます。またそのことを感動しながら楽しめるかどうかも、その職場に向いているかどうかの違いということになります。また忙しくて仕方がないということで、公私の区別がつかなくなることもよくありますが、そのことを楽しめるかどうかも重要になります。要するに自分のすべてを、そのベンチャー企業に投資するという感覚で、初めてみあう職場ということになると思います。面白さが違うということですが、その面白さがその会社の魅力ということではないかとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*