行き詰まった国内産業の低迷を打破するベンチャー

デフレ気味の景気が長らく続いて企業経営の視界が不良のため多くの業種の事業展開に行き詰まり感が強まってきたことあるいは、従来の成長産業が新興国企業にシュアを奪われて国内企業の低迷が激しくなってきたこと等があり、国が新たな成長産業の発掘を後押しするために打ち出す成長戦略を打ち出しました。こうして、新たな模索を始めようする企業が増えてきて、高度経済成長時代以降続けてきた我が国のビジネスモデルが変革を求められる時代に入ったことがベンチャービジネスの出番を用意したわけです。特に、国の成長戦略として医療、介護や看護の分野、外国人旅行者を倍増させようとする観光産業、あるいは地方の活性化や女性の社会進出を後押しする分野などには新規事業や業際事業など、新たに日の目を見る仕事がベンチャービジネスとして育ちつつあるようです。但し、従来から続いてきた事業のビジネスルールの変更が必要となるので、既得権益を打ち破ったり、新たな人間関係の育成など、新たなビジネスを進めるにはパワーが必要だと思います。

ネットに転がるベンチャー起業家のチャンス

インターネットの整備と普及がここ数年、急速に広まっています。20年ほど前にインターネットが公的な機関や専門機関、研究機関に限らずに広く一般の人たちが使用できるようになったときにはその通信環境はあまり整っているものではなく、通信速度ややりとり出来るデータ量などは限定的なものであまり使い勝手のいいものではありませんでした。それが今日では光ファイバーなどを使用しており通信速度や扱えるデータ量も比較にならないほど増加しています。今ではストレスなくインターネットを楽しめるのです。その性能の進化とともにインターネットの可能性も無限に広がってきています。とくにビジネスの世界においてはアイデアやひらめきなどがあれば誰にでもビジネスチャンスを掴めるのです。多くのベンチャー起業家がインターネットを利用して企業したり、ビジネスを拡大していることからもわかるようにネットにはチャンスが転がっているのです。

スマホの利用でベンチャービジネスのチャンス

いまや従来型の携帯電話、いわゆるフューチャーフォンと言われているものから超小型パソコンとも言われている高性能なスマートフォン、スマホへの切り替えはすさまじいスピードで進んでおり、ほとんどの人がスマートフォンを利用してきています。多くの人たちがスマートフォンを利用する理由の大きなものはやはりその拡張性の高さにあるのではないでしょうか。従来型の携帯電話ですと購入した機種の機能はそれ以上は広がりませんでしたが、スマートフォンは購入後も自身の必要とする機能や性能をアプリをダウンロードすることにより、高めることができるのです。そのために自分の使い方や趣味などに特化した一台を作り上げることができるのです。これにはもちろんアプリが必要ですので、もし自身が必要と思うような機能が既存のアプリにないのであれば開発することもできます。実際にアプリ開発でベンチャービジネスを立ち上げて成功している若い世代の人も多くいらっしゃいます。スマホの利用でベンチャービジネスを成功させることも可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*