誤解されがちなベンチャービジネス

ベンチャービジネスという言葉を聞くと、否定的なマイナスイメージを思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、実際はそんなことはありません。新技術や、高度な知識によっての裏づけがあるもの、決して危なっかしいものではありません。何故、ベンチャービジネスが生まれるかというと、大企業ではできないことを少数精鋭でおこなうことによって、顧客のニーズにこたえることができたり、他の意見に左右されることなく進むことができるからです。最近では、大学発のものもよくみかけるようになりました。大学の研究室によって得た産物をビジネスに生かすといった手法です。当然のことながら、最大数を誇るのは東大発のビジネスです。最近のIT業界ではベンチャーという言葉よりも、スタートアップビジネスという名前で呼ばれることも増えてきています。

ベンチャービジネスは不況時に盛んになる

日本では、ベンチャービジネスのブームが3回ありました。一度目はJASDAQの創生により中小企業の設立が盛んになった昭和38年。二回目は、エレクトロニクスなどのハイテクブームによって引き起こされた1980年代。このどちらも、日本は好景気の真っ只中にあり、さらに上を目指すという目的で起きたブームでした。しかし3度目のブームは違いました。2000年前後に起きた規制緩和の波により、たくさんのベンチャー企業が誕生。この時は、大企業の将来に見切りをつけて、起業するというものが多くなりました。2000年前後のベンチャーブームはITブームの波に乗った起業もあり、瞬く間に小さな会社から、大企業へと成長した会社が続出しています。大企業にいれば安心といったのも昔の話になってしまい、今は自分の知識と技術で新しい道を切り開くということも低リスクでできる為、これからも新しい企業が誕生していくことでしょう。

ベンチャービジネスについて

ベンチャービジネスとは、高度な技術を持って新技術などを利用して商売を行って行く事であり、革新的な所からも投資家としては、そう言った商売の株価が発売される事となれば、飛びついて利益を上げると言った状況となり、特に大企業などではこうした新たな取り組みを起こす事で、消費を刺激する事にもつながっていきます。やはり国の景気にとってもかなりの影響を及ぼす事となっている為、ベンチャービジネスを行う企業のスタンスをしっかりと見極めていく事がこれからの社会を見極めていく上でもとても重要となります。新製品や新技術や新業態を作る事により、特に今までのマンネリとなっている仕事に対して革命を起こす事が出来るとなれば、企業にとってもとてもプラスに働く事となります。その為ベンチャービジネスを行う企業は成功を納めると素晴らしい利益をもたらします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*